タグ:α700 ( 55 ) タグの人気記事
槍ヶ岳
b0183877_19523927.jpg

b0183877_19531535.jpg

b0183877_19532551.jpg

b0183877_19533685.jpg

b0183877_19534898.jpg

b0183877_1953595.jpg

b0183877_19541042.jpg

b0183877_19542149.jpg

b0183877_19543475.jpg

b0183877_19544442.jpg

b0183877_19545426.jpg

b0183877_1955734.jpg

b0183877_19551649.jpg

b0183877_19552465.jpg

b0183877_19553422.jpg

b0183877_19554122.jpg

b0183877_19555059.jpg

b0183877_19555810.jpg

b0183877_1956687.jpg

b0183877_19561388.jpg

b0183877_19562152.jpg

b0183877_19563139.jpg

b0183877_19564324.jpg


二回目の北アルプスはまたも雨模様。
傘をさしながら新穂高温泉から歩いてキャンプ場へ。
となりの山小屋の暖かい布団の誘惑に耐えテントを張る。
明日の天気が予報通り回復することを願って
シュラフに潜り込むもテントの下はすでに水たまりだ・・・

朝6時に雨がやみ出発。
トレイルの脇にはベニバナイチゴ、高山植物は色づき始めている。
稜線に出ると北西から強い風、1センチほどの積雪で植物は凍り付いていた。

山頂直下の山小屋で休憩、喫茶店がありコーヒーとパンを頂く。
体を温めたところで時折姿を現す頂上を目指す。
岩には岩には雪がついている。
強い横風に体が揺すぶられる。
最後のはしごをしっかりと握りしめ一段づつ登った。
[PR]
by hara-photo | 2009-09-16 20:00 | Mountain
のんびりと、まったりと
b0183877_2142365.jpg

b0183877_21421951.jpg

b0183877_21423073.jpg

b0183877_21425440.jpg

b0183877_2143458.jpg

b0183877_21431364.jpg

b0183877_2143248.jpg

b0183877_21433335.jpg


車に釣り道具を放り込んで北へ走る。
時計の針はすでに午前10時、いつものことだけどのんびりしすぎだ・・・
林道には近畿方面のナンバーをつけた車が3台も止まっていて
川をのぞくと釣り人が・・・おぉフライフィッシャーだ。

今年のシーズンもあと一ヶ月で終わる。
前夜に巻いた夏用の黒い毛針を糸に結び、澄んだ流れを釣り上がる。
朝釣り人が歩いた後の渓で期待はしていなかったけど、
何匹かのイワナが姿を見せてくれたことに満足してこの渓を後にした。

釣りの後は蕎麦屋巡りへ。
偶然見つけた看板につられて。「とりごえ蕎麦 相滝」へ入る。
蕎麦の味は絶品、店主も気さくなお人柄でいい店発見です。
[PR]
by hara-photo | 2009-08-30 22:29 | River
向日葵
b0183877_23413954.jpg

b0183877_23415224.jpg

b0183877_2342358.jpg

b0183877_23421377.jpg

b0183877_23422261.jpg


きまぐれで花壇に種を蒔いた向日葵がやっと咲いた。
散らないうちに急いで記念撮影。
夏はすでに過ぎ去ったようで秋の風を感じる今日この頃。
[PR]
by hara-photo | 2009-08-28 00:18
劔岳
b0183877_2283257.jpg

b0183877_2284156.jpg

b0183877_2285089.jpg

b0183877_2285944.jpg

b0183877_2291039.jpg

b0183877_2292145.jpg

b0183877_2293629.jpg

b0183877_21304678.jpg

b0183877_2294559.jpg

b0183877_2295272.jpg

b0183877_22123262.jpg

b0183877_2295920.jpg

b0183877_2210612.jpg

b0183877_22101391.jpg

b0183877_22102390.jpg

b0183877_22103262.jpg

b0183877_22104088.jpg

b0183877_22104714.jpg

b0183877_22105575.jpg

b0183877_2211355.jpg

b0183877_22111049.jpg

b0183877_22111878.jpg


まるでまだ梅雨が終わっていないかのような小雨の中を傘をさして歩き出す。
目指す岩尾根は雲に覆われて見えずふもとのキャンプ場を出発した。

山歩き初心者の僕にとって日本にはまだまだたくさん登ったことの無い山ばかり。
その中でも白山からよく見えるこの山の頂きには必ず立ちたいと思っていた。
今回も昭文社の山と高原地図を頼りに山頂を目指した。

中腹のキャンプ場では快晴、天の川の下で眠る。
午前三時、出発。ライトで照らしながら尾根を鎖にたよりつつ登る。
左は小窓尾根、朝焼けで浮かび上がるエッジが美しい。
右は岩と岩の間から朝日に照らし出された立山をのぞく。
そして山頂の祠が見え一歩ずつ岩の頂きへ近づいて行った。
[PR]
by hara-photo | 2009-08-17 22:18 | Mountain
笠ヶ岳
b0183877_20585783.jpg

b0183877_20591945.jpg

b0183877_20592891.jpg

b0183877_20593828.jpg

b0183877_20595548.jpg

b0183877_210893.jpg

b0183877_2101836.jpg

b0183877_2103254.jpg

b0183877_2104568.jpg

b0183877_2105335.jpg


天気は雨。
テント用具が一式つまったザックが肩にのしかかる。
新穂高温泉郷からはじめて北アルプスと呼ばれる山脈へはいったぼくは
傘をさしながら横殴りの雨が降る山道を歩いていた。

4年、いや5年前だったかこの地へフライフィッシングのために来たのは・・・
あの時は雪の残る高い山を見上げるだけで
登山という行為自体が理解できなかったのだけど。

稜線近くでライチョウを見た。
親鳥の回りには縞柄のヒヨコがたくさん走り回っている。
写真を撮ろうと思ったら逃げて行ってしまった。
子を守る警戒心なのか、傘をさしたぼくが怪しいのか。
まぁ、いいや。
ぼくは全身ずぶぬれのまま白いペンキで書かれた目印をたよりに山頂を目指した。
[PR]
by hara-photo | 2009-07-23 21:30 | Mountain
白山トレッキング
b0183877_21254133.jpg
b0183877_21255331.jpg
b0183877_2126312.jpg
b0183877_21261374.jpg
b0183877_21262323.jpg
b0183877_21263226.jpg
b0183877_21265021.jpg
b0183877_2127347.jpg
b0183877_21271218.jpg
b0183877_21272044.jpg
b0183877_212730100.jpg
b0183877_21273833.jpg
b0183877_21274762.jpg
b0183877_21275796.jpg
b0183877_2128745.jpg


ブナとダケカンバの森を抜けると広々とした空間に出た。
心も開放的な気分になり高山に来たことを実感するときだ。
今年二回目の白山は砂防新道から上がり観光新道でおりる
この山では最もポピュラーなコースを選んだ。
ニッコウキスゲ、キヌガサソウ、そしてクロユリ。
「きれいだね」と素直な感想を語り合う登山者たち。
小さな花々を揺らしながら風が吹き抜けて行った。

さて次はどこの山を歩こうか?
[PR]
by hara-photo | 2009-07-08 21:50 | Mountain
Summer Stream 2009
b0183877_21515153.jpg
b0183877_2152037.jpg
b0183877_2152960.jpg
b0183877_21521819.jpg
b0183877_21572914.jpg
b0183877_2152275.jpg
b0183877_21524044.jpg
b0183877_21525138.jpg
b0183877_2153172.jpg
b0183877_21531024.jpg
b0183877_21532125.jpg
b0183877_21533137.jpg
b0183877_21534297.jpg
b0183877_21583236.jpg


早朝から川を歩き始めて何回キャストを繰り返しただろう・・・
水は透明で底石まではっきり見えるけど、
魚の反応は、よくない。

そうか、季節はもう夏なのだ。
糸の先にアリを表現した毛針を結んで流れにのせる・・・
水面に飛沫はあがりロッドに生命の躍動を感じる。

今年も暑い日々がやってくる。
[PR]
by hara-photo | 2009-07-03 22:21 | River
しずくと花はす
b0183877_2165960.jpg
b0183877_2172853.jpg
b0183877_217426.jpg
b0183877_217511.jpg
b0183877_218161.jpg
b0183877_218146.jpg
b0183877_2182364.jpg
b0183877_2183194.jpg
b0183877_2184055.jpg
b0183877_2184872.jpg
b0183877_2185765.jpg
b0183877_219551.jpg
b0183877_2191764.jpg
b0183877_2192673.jpg
b0183877_2193440.jpg
b0183877_2194211.jpg
b0183877_219506.jpg
b0183877_5204077.jpg
b0183877_2195942.jpg


梅雨に時期になると咲く花というのもいろいろあるけれど
ぼくにとって一番楽しみにしているのが花はすである。
今年も咲き始めたという知らせを聞くと居ても立ってもいられずに南越前町にある花はす公園へ。
まだつぼみがほとんどの時折小雨が降る静かな公園で
ファインダー越しに見る花はすはやはり美しいのでありました(゚▽゚*)♪
[PR]
by hara-photo | 2009-07-01 21:28
口三方岳
b0183877_1912879.jpg
b0183877_192183.jpg
b0183877_1923593.jpg
b0183877_193560.jpg
b0183877_1931793.jpg
b0183877_1965929.jpg
b0183877_194454.jpg
b0183877_195524.jpg
b0183877_1952650.jpg


朝から降り続いていた小雨が緑に透明感を与える。
登山口から折り畳み傘をさしながら
ぼくは石川県にある初めて歩く山を
どんな風景に出会えるかと期待しながら歩いていた。

しばらく歩くうちに雨はやんだ。
樹上の隙間から眩しい光がみちを照らす。
そして笹百合がやさしく迎えてくれた。
[PR]
by hara-photo | 2009-06-27 19:27 | Mountain
Return & Release
b0183877_211223.jpg
b0183877_21123733.jpg
b0183877_21125261.jpg
b0183877_21132851.jpg
b0183877_21133872.jpg
b0183877_2114586.jpg


ロッドにリールを取り付けフライラインをガイドに通す。
そしてラインに繋いだリーダーの先に
7Xのティペットをすこし足して毛針の詰まった箱ををのぞく。
いったいこれまでに何度同じことを繰り返したのだろう・・・
釣りをする前の儀式のようなものだと誰かがいっていたような気がするけど全くその通り。

フライボックスの片隅に最近は使わなくなってしまったエルクヘアカディス#14が目にとまる。
糸に結び魚がいるであろう流れに向けて投げる。
イワナが飛びつく。
引き寄せる。
そして流れに返す。
これも同じことの繰り返し。
まったく終わりのないどうしようもない趣味です。
フライフィッシングは。
[PR]
by hara-photo | 2009-06-24 21:49 | River