カテゴリ:River( 23 )
Return & Release
b0183877_211223.jpg
b0183877_21123733.jpg
b0183877_21125261.jpg
b0183877_21132851.jpg
b0183877_21133872.jpg
b0183877_2114586.jpg


ロッドにリールを取り付けフライラインをガイドに通す。
そしてラインに繋いだリーダーの先に
7Xのティペットをすこし足して毛針の詰まった箱ををのぞく。
いったいこれまでに何度同じことを繰り返したのだろう・・・
釣りをする前の儀式のようなものだと誰かがいっていたような気がするけど全くその通り。

フライボックスの片隅に最近は使わなくなってしまったエルクヘアカディス#14が目にとまる。
糸に結び魚がいるであろう流れに向けて投げる。
イワナが飛びつく。
引き寄せる。
そして流れに返す。
これも同じことの繰り返し。
まったく終わりのないどうしようもない趣味です。
フライフィッシングは。
[PR]
by hara-photo | 2009-06-24 21:49 | River
Monochrome Water
b0183877_21115842.jpg
b0183877_21122234.jpg
b0183877_21124572.jpg
b0183877_2113657.jpg
b0183877_21131823.jpg
b0183877_21132844.jpg
b0183877_21134316.jpg
b0183877_21135569.jpg


昨夜から降り続いた小雨で水位の上がった渓。
でも今の時期ならこれくらいの水量の方が魚の活性は高い・・・
なんてことは長くはないけど短いともいえなくなった、
フライフィッシングライフで学んだことの一つなのだ。
[PR]
by hara-photo | 2009-06-06 21:20 | River
本日、釣り日和
b0183877_22161399.jpg

b0183877_22202086.jpg

b0183877_22162581.jpg

b0183877_22164394.jpg

b0183877_22165985.jpg

b0183877_22171390.jpg

b0183877_22173365.jpg

b0183877_22174845.jpg

b0183877_2218345.jpg

b0183877_22181683.jpg

b0183877_22183485.jpg


晴れ時々曇り、麦の色づく季節。
あたたかな風に流されるようにして川へ。
今日は北陸の初めて訪れる渓なのだ。

釣れる期待、釣れない不安のなかでロッドを振ると
多くのイワナが出迎えてくれひと安心。
岩へ腰掛けるとセキレイがさえずりながら渓のなかを飛び立っていった。
[PR]
by hara-photo | 2009-05-23 22:51 | River