<< 口三方岳 いにしえの道 >>
Return & Release
b0183877_211223.jpg
b0183877_21123733.jpg
b0183877_21125261.jpg
b0183877_21132851.jpg
b0183877_21133872.jpg
b0183877_2114586.jpg


ロッドにリールを取り付けフライラインをガイドに通す。
そしてラインに繋いだリーダーの先に
7Xのティペットをすこし足して毛針の詰まった箱ををのぞく。
いったいこれまでに何度同じことを繰り返したのだろう・・・
釣りをする前の儀式のようなものだと誰かがいっていたような気がするけど全くその通り。

フライボックスの片隅に最近は使わなくなってしまったエルクヘアカディス#14が目にとまる。
糸に結び魚がいるであろう流れに向けて投げる。
イワナが飛びつく。
引き寄せる。
そして流れに返す。
これも同じことの繰り返し。
まったく終わりのないどうしようもない趣味です。
フライフィッシングは。
[PR]
by hara-photo | 2009-06-24 21:49 | River
<< 口三方岳 いにしえの道 >>